コンテンツ

#1ワイン好きである。

酒は何でも好きだが、ワインでなければダメな気分とかシチュエーションがある。
ワインについてはソムリエならずとも好きな人は好みのワインとそのワインに対する知識などがあるものだ。

かく言う筆者もかつてはワインを扱う商社に名前だけだが席を置いたこともあるし、ボルドーの畑を片っ端から回ったことやナパバレーで作り手と語り合ったこともあるし、日本ソムリエ協会のある資格さえ持っていた。

つまりワインについては人にとやかく言われたくなく、そうだと言って人に知識をひけらかすような馬鹿でもなく、要は黙って好なワインを飲ませて欲しいと思うのである。

ここで登場する悪役が日本ソムリエ協会認定のシニアソムリエ、ソムリエ、ソムリエールなどの資格を持つ人たちのうちのごく一部の方たちである。
この方達、資格を取る、あるいは維持するにはワインを扱う飲食店に勤務をする必要があるわけで、ワインリストからセレクトしている時、いかにもお助けしましょうか的な顔でそばに立っている人たちである。

ワインは高い方が旨い確率が高いが、もっと大事で忘れてはいけないことは人間、メンタルな生き物であるということ。そしてそれを心の底から思い知ることである。ワインに限らず、その時の気分により、一緒に呑むあるいは食事する人により、シチュエーションにより、同じ物でも味は全然違って感じるということである。

例えて言えば気に入らない奴と食う数万円の会席料理より、笑顔が素敵な女の子と食べる580円のラーメンの方が断然旨いのだ。
これは太陽が東から昇るのと同じくらい真実なのである。

ワインを置いてあるレストランで食事をするとしよう。
ワインを飲む事になりワインリストに目を落とす。その時ソムリエなどの有資格者がそばに立っていても何も言わなければ別に良いのだが、リストを見てから10秒と立たずに今日はこれがおすすめでございますと最高にコスパ(この場合原価に対する売値)の良い(ということは客からみれば最低の選択肢)を勧めて来る場合がある。
同席者もいる場合雰囲気を壊したくないので「いえ、自分で選びますので」とやさしく言っても引き下がらない場合さえある。

実際ソムリエなどの有資格者でも得意分野があり、それ以外はほとんど基本の知識しかない人もたくさん見受けられる。だからソムリエバッチを付けているからすべてに詳しいと思うのは勝手だが、現実はそうでもないのだ。

昔の話で恐縮だが良く取材でヨーロッパに行っていたが、パリの某有名レストランで、筆者が通訳の女性と食事していたときの話。
店の奥の特別席で所謂ブルジョアの方々が6人でパーティーしていた。すると、ワインリストからビンテージのラトゥールともう一本(ラベルが見えなかった)を持って来させ、それをマグナム用のデキャンタに両方どぼどぼと注ぎ込んだ。
凄いことするなあと思ってそれとはなしに観察していると隣の通訳が彼らの会話を同時通訳してくれたのだが「いつもそれね」「これが一番旨い」と会話していた。やっぱり本場のリッチな方のやることは違うなーと感心したものだ。
きっと美味しいんだろうと思う。
なぜならその時彼らは一滴残さず綺麗に飲んで帰ったからね。

それでこの話を後日友人のソムリエ氏に話したら即答で「ワインへの冒涜ですね」と言い放った。
そこで筆者は「そうやって飲んだことある?」と聞いてみたら「あるわけないですよ」と言うわけだ。
飲んだことないものを、美味しいか美味しくないか試したこともないのに、その人たちの行為をワインへの冒涜と切って捨てるソムリエ氏。
身銭を切って数十万するワインを2本混ぜて飲んでみて始めて評価ができると思うのだがどうだろう。

面白いことに、この話をすると資格者も商社などのワイン関係者もワイン通という人たちもみんなそんな反応である。
何故おおらかに「それはやろうと思ってもやれないですけど、さぞ美味しいでしょうね」と言えないのだろう。

その辺からワインを飲むときは、自分勝手に飲むのに限る。
ソムリエのその時の価値観で飲まされたのではたまった物ではないと思うようになったのだ。

美味しいワインは素敵な人と笑いながら飲むのが一番。たとえテーブルワインでもどれだけ美味しいことか。
逆に物知り顔のソムリエがそばにいて、つまらないオヤジと飲むワインはたとえ高いワインでも美味しいと思ったことは残念ながらない。
それこそがその場の雰囲気とその時の気分により味が変わる人間の本質なのではないだろうか。

ワイン好きである。

◆ ライター紹介

明嵐 正彦(めあらし まさひこ)

かつて新聞記者、某自動車雑誌編集長、数年前までスーパーGTレースで監督をしていたという変わった経歴を持ちいくつかの業界では有名人。今はセミリタイヤして自転車徘徊を趣味としている。

サイトマップ