個人の信用情報をチェックするために知っておきたい “ローン事故”の基礎知識

融資交渉全般に当てはまるのですが、カードキャッシングなどで個人の信用情報が傷ついている(ブラックリストに載ってしまう)とマイナス評価になる可能性がありますので、注意が必要です。
ここでは、個人の信用情報がどう判断されているのかと合わせて、自身の信用情報をチェックする方法を紹介します。

信用情報における「事故」とは、どのようなものか?

クレジットカードや各種ローンを利用していて、返済が遅延した場合などを「事故」と呼び、信用情報機関は記録しています。
ローン事故とは、金銭貸借契約においてその契約通りにお金を返さなかったことを言います。大きく種類にわけて「延滞」「代位弁済」「債務整理・自己破産」「強制解約」という種類があります。

それぞれについて簡単に解説しましょう。

延滞

ローンの返済期限までに返済を行わないことを「延滞」と呼び、事故情報の中でももっとも多いとされています。延滞自体は遅れていた支払いを実行することで解消されますが、事故情報として登録された場合の記録はすぐに消えることはありません。信用情報機関に事故情報として登録されるのは約2カ月以上(61日以上)の延滞がある場合といわれています。
ただし、短期間の遅滞であっても何度も繰り返しているような場合には、遅延が登録される場合があります。

 

代位弁済

金融会社が債務者ではなく、契約している保証会社に代位弁済(一括返済)を求めて返済を受けたという状態を指します。金融機関に対する債務は残っていませんが、保証会社への債務は残っているので、延滞が長期間にわたった場合などに金融機関側が取る「代位弁済」の執行によって生じる事故です。
ちなみに、保証人(保証会社)を付けないクレジットカードやキャッシング(カードローン)などの場合は、この措置は取られません。住宅ローンのように保証会社を付けることを要求されているローンの場合に発生します。

債務整理・自己破産

債務整理(任意整理)や債務整理(法的整理)を行った場合も契約内容に関する情報のほか、延滞情報や債務整理の事実が事故情報として記載されます。

自身の信用情報を確認する方法

「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」のサイトから、個人の信用情報(本人の属性、クレジットカードやキャッシングの契約状況、借入・返済などの取引状況など)を照会できるので、気になる方は確認してみるのも一手でしょう。

何らかの理由で事故情報が信用情報に乗ってしまった場合でも、事故発生・解消から一定期間が経過することで自動的に消えるようになっています。この一定の期間については登録されている信用情報機関によって扱いが異なります。また、事故の内容によっても期間は変わってきます。

具体的な各信用情報機関とそれぞれの事故情報が消えるまでの期間は、以下を参照ください。

・日本信用情報機構(JICC)

信販会社によるクレジットカード、キャッシング系の信用情報機関です。ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行協会が設置、運営している銀行系の信用情報機関です。ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年

・CIC

クレジットカード系の信用情報機関。ブラックリストから消えるには事故の解消から下記の期間が必要となります。
延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年
当然のことではありますが、信用情報に傷をつけないよう、細心の注意を払うようにしましょう。